キリンHD、上場来初の最終赤字へ ブラジル子会社の減損計上

[東京 21日 ロイター] - キリンホールディングスは21日、2015年12月期の連結最終損益が560億円の赤字(従来予想は580億円の黒字)になるとの修正見通しを発表した。1949年のキリンビール上場以来、初めての最終赤字となる。子会社のブラジルキリンで2015年12月期に減損損失が発生、約1140億円を特別損失として計上することが主因。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。