企業のインフレ期待は低下傾向続く、1年後+1.0%に低下=日銀

[東京 15日 ロイター] - 日銀が15日に発表した12月調査の日銀短観における「企業の物価見通し」によると、企業が想定する消費者物価(CPI)の前年比上昇率は、全規模・全産業の平均で1年後がプラス1.0%、3年後がプラス1.3%、5年後がプラス1.4% となった。前回9月調査に比べてすべての期間でプラス幅が縮小しており、企業のインフレ期待の低下傾向が続いている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。