前場の日経平均は4日ぶり反発、一時235円高

[東京 11日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比188円75銭高の1万9235円30銭となり、4日ぶりに反発した。序盤は売りが先行したものの、株価指数先物・オプションのSQ(特別清算指数)算出を無難に通過。自律反発狙いの買いが入りプラスに転じた後、前日比で一時235円高と上げ幅を拡大した。ただ高値圏では利益確定売りに押され、指数は伸び悩んだ。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。