実質GDP改定値、7─9月期は年率+1.0%に 設備投資が寄与

[東京 8日 ロイター] - 内閣府が8日に発表した2015年7─9月期の実質国内総生産(GDP)2次速報値は、1次速報値から上方修正となった。前期比はプラス0.3%(1次速報値マイナス0.2%)、年率換算ではプラス1.0%(同マイナス0.8%)。設備投資が大幅に上方修正されたことなどが全体を押し上げた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。