米労働市場の引き締まり続く、賃金に上昇圧力=連銀報告

[ワシントン 2日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は2日公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、過去数週間で労働市場は控えめなペースで引き締まり、幅広い技能レベルで人手不足が広がる中で賃金には上昇圧力がみられるとの認識を示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。