コラム:人民元SDR採用は日本の国益か国患か=植野大作氏

[東京 1日] - 11月30日、国際通貨基金(IMF)は理事会を開き、特別引き出し権(SDR)の構成通貨として人民元を採用することを決めた。来年10月以降、人民元には10.92%の構成比が与えられ、ドル(41.73%)、ユーロ(30.93%)に次ぐ序列第3位の国際通貨としてデビューする。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。