コラム:難民受け入れで孤立化するドイツ、方針転換はあるか

[ロンドン 26日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は、内戦を逃れてきたシリア難民には国境を開放するスタンスを貫いてきた。だがここ数カ月で、高まる一方の国内批判や支持率の急降下、連立与党内部の足並みの乱れといった痛手を被っている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。