社会保障費、伸び5000億円弱に抑制 財政審が建議提出

[東京 24日 ロイター] - 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は24日、2016年度予算の編成に関する建議を取りまとめた。社会保障費の増加を高齢化による伸びの範囲内(5000億円弱)に抑える一方、それ以外の歳出は、人口減少を踏まえ「自然減」を前提とすべきと強調した。今年6月に策定した「経済・財政再生計画」の初年度の16年度から歳出改革に取り組むよう求めた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。