焦点:米共和党がシリア難民に拒否反応、パリ攻撃で移民政策に波紋

[ワシントン 17日 ロイター] - 13日に発生したパリ同時攻撃を受け、米国では移民や国家安全保障に関する議論が再燃している。議員らからは17日、シリア難民への監視強化を求める声も上がり、難民の受け入れ拒否は「攻撃的であり、米国の価値観に相反する行為」とするオバマ大統領への厳しい批判につながっている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。