コラム:パリ攻撃で揺らぐドイツ経済の成功体験=斉藤洋二氏

[東京 18日] - 13日金曜日の夜、パリで大規模な同時多発攻撃が起きた。今年1月の週刊誌「シャルリー・エブド」襲撃事件以来、過激派組織による攻撃が続いていたことからフランスでは最高レベルの警戒態勢が敷かれていた。だが、その警戒網をかいくぐっての犯行だった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。