仏大統領が同時攻撃受け議会演説、「イスラム国」への空爆強化へ

[パリ 16日 ロイター] - オランド仏大統領は16日、パリ同時多発攻撃を受け、ベルサイユ宮殿での上下両院合同会議で演説し、国境警備の強化や防衛費の拡大に加え、テロ対策のための法律を厳しくする考えを表明した。さらに犯行を主張する過激派「イスラム国」への空爆を強化するため、数日中にオバマ米大統領やプーチンロ大統領と協議し、協力を求めるとした。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。