ドル122円後半でもみあい、中国経済指標には反応薄

[東京 11日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の122円後半。利益確定や調整売りで123円を割り込んだ後は、株価をにらんで小動きとなった。関心が集まっていた中国の一連の経済指標に対しても市場の反応は限定的だった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。