焦点:日銀、追加緩和バイアス続く 新興国・賃上げめぐりリスク

[東京 30日 ロイター] - 日銀は30日の金融政策決定会合で、経済・物価見通しを下方修正するとともに、目標とする物価2%の到達時期をさらに後ずれさせた。物価の基調は上昇しているとの判断から追加金融緩和は見送ったものの、中国など新興国経済の動向を中心に先行きの不透明感はむしろ増している。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。