加工肉に大腸がんリスク、WHO専門機関が報告

[パリ/シカゴ 26日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は26日、ホットドッグ、ソーセージ、ベーコンなどの加工肉が大腸がんのリスクを高めるほか、赤身肉も同様のリスクがあるとのリポートを発表した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。