人口減少問題、外国人労働者の受け入れ拡大も選択肢=IMF財政局長

[東京 27日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のヴィトール・ガスパール財政局長は27日、人口減少や少子高齢化が財政に与える影響について講演し、社会保障費の増加が続けば、それを穴埋めするための大幅な増税を余儀なくされる可能性があると指摘した。外国人労働者の受け入れ拡大など労働市場政策が必要との見方も示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。