コラム:「ドル125円」のカギ握る日米金融政策=鈴木健吾氏

[東京 21日] - 夏場以降、中国経済への懸念や米国の早期利上げ観測などが新興国経済を中心に不安の連鎖を招き、国際金融市場の動揺へとつながった。こうしたなか、為替市場はリスク許容度を注視する状況となり、世界の株式市場に振り回される局面が多くみられた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。