7&iHD、3―5月期は営業微減益 オムニ費用増や百貨店不振響く

[東京 7日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス は7日、2016年3―5月期の連結営業利益が前年比0.5%減の814億円になったと発表した。第1四半期が減益になるのは4期ぶり。オムニチャネルの費用が増加したほか、百貨店事業やフードサービス事業の不振が影響した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。