利上げ待つのが賢明、英離脱問題を見極め=米FOMC議事要旨

[ワシントン 6日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が6日公表した6月14-15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、欧州連合(EU)離脱の是非を問う英国民投票を翌週に控え、利上げに踏み切る前に国民投票の影響を見極めることが望ましいとの結論に至っていたことが分かった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。