アングル:日銀の政策スタンス正念場、「物価の基調」に漂う怪しさ

[東京 4日 ロイター] - 物価2%目標の達成を目指している日銀の政策スタンスが、正念場を迎えている。4日に公表した企業の消費者物価見通しが一段と低下し、日銀短観から見た需給ギャップの改善も足踏みし、最も注視している「物価の基調」がしっかりしたままで推移できるのか、怪しくなっているためだ。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。