ドルが対円で下落、米国債利回り低下受け=NY外為

[ニューヨーク 1日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドルが安全通貨と見なされる円に対し下落した。米国債利回りが大きく低下したことで米国債の魅力が薄れたことに加え、米連邦準備理事会(FRB)が年内はハト派的なスタンスを維持するとの見方が広がっていることが背景。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。