南シナ海問題で来月仲裁判断、中国拒否なら「無法国家」の声も

[北京/アムステルダム/ワシントン 30日 ロイター] - オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は29日、南シナ海の約90%に主権が及ぶとする中国の主張に反発してフィリピンが提訴した仲裁手続きについて、7月12日に判断を下すと発表した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。