焦点:日銀は英EU離脱の影響警戒、臨時会合には慎重姿勢

[東京 29日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱決定を受け、日銀は短期・長期の両面から日本経済への影響について分析を急いでいる。世界経済の下振れや急激な円高・株安で景気が腰折れし、デフレ脱却が頓挫するリスクが高まったと判断すれば、追加の金融緩和を辞さない姿勢だ。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。