個人消費、弱さ脱しつつある 物価基調は着実に改善=日銀総裁

[東京 16日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は16日、都内で開かれた全国信用組合大会であいさつし、個人消費はひと頃の弱さから脱しつつある、との認識を示した。物価の基調は着実に改善し、目標とする2%に向かって上昇率を高めていくと語った。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。