アングル:ドル/円に年初来安値更新の警戒感、需給均衡崩れる余地も

[東京 16日 ロイター] - ドル/円下落に対する警戒感が、外為市場で浮上してきた。大型のM&A(合併・買収)や年金基金、投資信託による外国株買いなどの「円売り」需要は根強いものの、経常黒字拡大や円ショート巻き戻しなどの「円買い」規模が急拡大。円高が進みやすい年末にかけて、年初来安値の115.85円を更新して円高が進む可能性もささやかれている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。