トヨタ、50年にガソリン車販売ほぼゼロ 20年以降にFCV年3万台

[東京 14日 ロイター] - トヨタ自動車は14日、中長期な環境への取り組みを発表した。地球温暖化につながるCO2(二酸化炭素)削減のため、2050年にはディーゼルやガソリンといったエンジン車の新車販売をほぼゼロにする方針を明らかにした。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。