日経平均は大幅続落、1万8000円割れ 米企業決算に警戒感

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅続落。節目の1万8000円を割って取引を終了した。終値は10月2日以来、7営業日ぶりの安値水準。米企業決算に対する警戒感を背景に、序盤から売りが先行。下げ幅は一時400円超となった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。