新興国低迷がインフレ基調損なうとの判断、時期尚早=ECB専務理事

[フランクフルト 13日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は、新興国市場の低迷などのマイナス要因がユーロ圏の長期インフレ基調を損なうと判断するには時期尚早との見方を示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。