今週の外為市場、原油や新興国通貨の反発続けば一段のドル安も

[東京 13日 ロイター] - 今週の外為市場では、予想外に弱い内容となった9月の米雇用統計以降、価格が持ち直している原油や資源国・新興国通貨の動向が注目される。反発トレンドが保たれれば、一段のドル安が見込まれるが、ドル/円では、レンジ取引を想定するオプションが相場の上下変動を抑制する可能性も指摘されている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。