中国などの影響で経済見通しに影、判断は時期尚早=ECB議事要旨

[フランクフルト 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が公表した9月3日の理事会議事要旨によると、中国など新興国市場の不透明感によりユーロ圏の景気減速の可能性があるが、現段階でその影響を判断するのは時期尚早との見解がECBエコノミストから示されていた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。