DEA:オリジナルNFTを作成できる広告ソリューション「プロダクトプレイスメントNFT」発表


ディープコイン(DEAPcoin/DEP)を活用したGameFiプラットフォーム「PlayMining」を展開している「Digital Entertainment Asset(DEA)」は2023年3月14日に、PlayMining上で企業や個人がオリジナルNFTを作成できる新しい広告ソリューション「プロダクトプレイスメントNFT」を発表しました。

こちらから読む:注目のゲーム関連記事を新着順で確認「ゲーム」関連ニュース

広告ソリューション「プロダクトプレイスメントNFT」発表

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)を活用したGameFiプラットフォーム「PlayMining」を展開している「Digital Entertainment Asset(DEA)」は2023年3月14日に、PlayMining上で企業や個人がオリジナルNFTを作成できる新しい広告ソリューション「プロダクトプレイスメントNFT」を発表しました。

PlayMining(プレイマイニング)は、ゲームで遊びながら仮想通貨DEPを稼ぐことができる様々なゲームが展開されているゲームプラットフォームであり、各種ゲームで獲得したDEPを管理できる他、NFTマーケットプレイスである「PlayMining NFT」を通じてそれらのゲーム内で利用可能なNFTを売買することも可能となっています。

DEA社は既に複数のゲームを展開しているため、現在は様々なNFTがPlayMining上で展開されていますが、今回の発表では企業や個人がオリジナルNFTを作成できる新たな広告ソリューション「プロダクトプレイスメントNFT」が発表されています。

「プロダクトプレイスメントNFT」とは?

「プロダクトプレイスメントNFT」とは、仮想通貨DEPを活用したGameFiプラットフォーム「PlayMining」で企業や個人がプロモーションしたい商品・サービスのオリジナルNFTを作成し、そのNFTにPlayMining上のゲームのユーティリティを付与した上で、ユーザーに販売・配布できる広告ソリューションです。

プロダクトプレイスメントとは「コンテンツの中に広告商品を取り込み、自然な形でコンテンツを楽しむ人々に訴求する広告手法」のことを指します。プロダクトプレイスメントNFTでは、ユーティリティのあるNFTとして提供することによって従来型の広告よりもユーザーの高い関心・関与を期待できる他、ユーザーは普段のゲーム体験の中で自然な形で商品・サービスに触れることになるため、広告がユーザーに不快感を与えてブランドイメージを棄損するリスクも逓減できるようになっています。

さらに、広告効果を上げながらNFT販売によって事業収益を得ることも可能で、ブロックチェーンのスマートコントラクトを活用したロイヤリティ確保によってNFTの二次売買以降の取引からも収益をあげることができる仕組みとなっています。

プロダクトプレイスメントNFTでのオリジナルNFT発行に興味がある場合は「専用フォーム」から必要事項を入力することによって問い合わせを行うことができます。

DEA社は「プロダクトプレイスメントNFT」の取り組みを通じて、企業や個人による広告・プロモーション費のPlayMining経済圏への流入を加速させることで、「暗号資産DEPの価格安定化」と「サステイナブルなPlay to Earn体験の提供」を図ることを目指しているとのことで、今後も「プロダクトプレイスメントNFT」に続いて外部経済との接続を強化するプロダクトを複数発表する予定とも報告されています。

(画像:Digital Entertainment Asset)(画像:Digital Entertainment Asset)

>>「DEA社の公式発表」はこちら

暗号資産取引所ビットポイントの画像


DEPを取扱うビットポイントはこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。