Cardano(ADA)大型アップグレード「Vasil」のメインネット実装完了


カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発企業である「Input Output(IOG/IOHK)」は2022年9月23日に、カルダノの大型アップグレードとなるメインネットでの「Vasil」ハードフォークが完了したことを発表しました。

こちらから読む:NFT活用の多人数参加型パーティゲーム登場「暗号資産」関連ニュース

待望の大型アップグレードが完了

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発企業である「Input Output(IOG/IOHK)」は2022年9月23日に、カルダノの大型アップグレードとなるメインネットでの「Vasil」ハードフォークが完了したことを発表しました。

Vasilアップグレードは元々2022年6月末頃に実施される予定となっていましたが、テスト環境で技術的なバグなどが検出されたことなどを受けて複数回延期されていました。

今月3日にはVasilアップグレードの実施日時が日本時間2022年9月23日午前6時44分頃になる予定であることが報告されていましたが、今回は予定通り日本時間2022年9月23日午前6時44分頃にCardanoメインネットでのハードフォークが成功したことが報告されています。


VasilメインネットのHFCイベント成功!🍾

本日、21:44:00UTCに、IOGチームがカルダノ財団と共同で、HFCイベントを通じてCardanoメインネットのハードフォークに成功し、Vasilの新機能をチェーンに展開したことをお知らせします。

Vasilハードフォークは、Cardanoブロックチェーンとそのスマートコントラクトプラットフォームである「Plutus」で重要なアップデートを行うハードフォークであり、このアップデートによって「ネットワーク処理性能の大幅向上・Plutusスマートコントラクト言語の改善・ノード間でのブロック伝送効率の向上」などが実現すると期待されています。

IOHKによると、2022年9月27日の新しいエポックの始まりに新しいPlutus V2コストモデルがチェーン上でアクティブになり、開発者コミュニティのためにVasilの全機能が解放されるとのことです。

ADAを取り扱っている暗号資産取引所Huobi Japanの新規登録はこちらからどうぞ。

Huobi Japanの画像


Huobi Japanの登録ページはこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。