大手酒造メーカー「ジャックダニエル」メタバース・NFT関連の商標申請


米国の大手酒造メーカーである「Jack Daniel’s(ジャックダニエル)」が、NFTやメタバースに関連する商標を米国特許商標庁(USPTO)に申請したことが明らかになりました。ジャックダニエルはデジタルウォレットやコレクターズアイテムの提供なども計画していると報告されています。

こちらから読む:SynchroLife、シンクロPAYをリリース「暗号資産」関連ニュース

バーチャルアイテムやデジタルウォレットなどを計画

米国の大手酒造メーカーである「Jack Daniel’s(ジャックダニエル)」が、NFTやメタバースに関連する商標を米国特許商標庁(USPTO)に申請したことが明らかになりました。

商標弁護士であるMike Kondoudis氏の報告によると、ジャックダニエルは2022年9月13日にメタバース・NFT関連の商標登録を申請したとのことで、具体的には以下のようなサービス・商品が提供される予定だと報告されています。

  • NFT認証されたメディアファイル
  • バーチャル飲料・バー用品・衣料品
  • デジタルウォレットとコレクターズアイテム


暗号資産・メタバース関連の商標出願を行う大手企業・団体はこの数年間で続々と増えてきており、今年7月には国際サッカー連盟(FIFA)が2026年に開催される「2026 FIFAワールドカップ」に向けて「バーチャルウェア+スポーツ用品」「デジタル+仮想通貨取引所」「バーチャル株取引」「デジタル+仮想通貨処理サービス」などに関連する商標出願を行ったことも報告されています。

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。