福岡RKB毎日放送がTV放送音声でNFT配布へ、Shiden Network(SDN)利用で

福岡RKB毎日放送がTV放送音声でNFT配布へ

福岡県のRKB毎日放送が、テレビ番組内でリアルタイム放送音声を活用してNFTを配信する実証実験を行うことを9月15日発表した。

SUSHI TOP MARKETING(スシトップマーケティング)とEvixar(エヴィクサー)が実証実験に協力するという。NFT配信実証実験は、同放送局の「エンタテ!区~テレビが知らないe世界~」内で実施される。放送日時は9月21日24:55からだ。

NFTの配布にはエヴィクサーが持つ音声信号に暗号化を施した文字情報などを埋め込む「音響透かし」の応用技術を利用した、エヴィクサーとスシトップ提供の音でNFTを配信するソリューション「Audio Shot」を用いるとのことだ。

視聴者は、番組のリアルタイム放送中、スマホのブラウザでNFT受信用ページを立ち上げると、ブラウザが放送音声を検出し、デジタルコンテンツを受け取ることができるという。なお受信用ページは放送中に番組内で案内予定とのことだ。

なおNFTがミントされるブロックチェーンはアスターネットワーク(Aster Network)のカナリアチェーン、シデンネットワーク(Shiden Network)である。

今回実証実験に用いられる「Audio Shot」は最近でも、現代アーティスト新井文月氏の個展 「銀河文字展2022」の来場者に対して、音声によるNFT配布が8月1日~8月6日、11:00~18:00の期間にて行われた。

来場者がNFTを受け取るには、個展会場に掲示・表示されたQRコード、もしくはチラシに印字されたQRコードをスマートフォンで読み取り、ブラウザを開いた状態で会場内で流れる音声をスマートフォンで取得できれば良いとのことだった。

関連ニュース

音で寿司NFT配布へ、銀座渡利「SUSHI TOP SHOT」音響透かし活用(開発チーム取材)

博報堂らの「LiveTV-Show」が独自ライブ配信機能追加、テレビ静岡の番組連動でアイドルグループ「fishbowl」のファン向けにも提供開始

個展 「銀河文字展2022」来場者に音声でNFT配布、SUSHI TOPとQUICKが

推し活NFT、SUSHI TOP MARKETINGとDNPが提携

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Aleksei_Derin

参照元:NFT – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。