【週間NFTニュース】9/5〜9/11|これだけは押さえたいニュース5選

最初に

NFTに興味はあるけど時間がなくて情報をキャッチアップしきれない。そんな方に向けて、本記事では、今週1週間に国内で配信されたプレスリリースの中からNFT Media編集部が厳選したニュースをまとめて紹介します。

▼NFTに関して詳しく知りたい方はこちらから

日本初のNFTチケット販売プラットフォーム「TicketMe」、VeryLongAnimalsコラボカフェに導入

日本初のNFTチケット販売プラットフォーム「TicketMe」、VeryLongAnimalsコラボカフェに導入
引用:【導入実績】日本初のNFTチケット販売プラットフォーム「TicketMe」、VeryLongAnimalsコラボカフェに導入。

株式会社チケミーが、NFTチケット販売及び管理プラットフォーム「TicketMe」がVeryLongAnimalsコラボカフェに導入されたことを発表しました。

VeryLongAnimalsコラボカフェの来店者は店内の二次元バーコードより「TicketMe」サイト内の個別ページに移動して、来店記念NFTチケットを無料で取得することができます。

販売者は最短10分で販売ページを立ち上げられ、売り上げの受け取りは日本円でできます。また購入者は暗号資産ウォレットを持っていなくても受け取ることができ、NFT初心者でも簡単に利用可能となっているとのことです。

企業:株式会社チケミー
リリース日:2022年9月7日

▼詳しくはこちらから

COPIC AWARD 2022 NFTプロジェクト始動。コンテスト受賞者の作品をNFTに!

COPIC AWARD 2022 NFTプロジェクト始動。コンテスト受賞者の作品をNFTに!
引用:COPIC AWARD 2022 NFTプロジェクト始動。コンテスト受賞者の作品をNFTに!

株式会社Too Digital Marketplaceが、『COPIC AWARD 2022』においてコンテスト受賞者の作品をNFT化するプロジェクトを開始することを発表しました。

「COPIC AWARD」は、358色ものラインナップを持つマーカー「コピック」の世界中のファンを作品でつなぎ、コピックでの作画・制作をより楽しいものにすることを目的としたコンテスト。

作品がNFTプロジェクト化される対象者はグランプリ受賞者、準グランプリ受賞者、過去受賞者とのことです。

企業:株式会社Too Digital Marketplace
リリース日:2022年9月7日

▼詳しくはこちらから

ISID、電通グループ2社などと、Web3ビジネス推進するグループ「web3 club」を発足

ISID、電通グループ2社などと、Web3ビジネス推進するグループ「web3 club」を発足
引用:ISID、電通グループ2社などと、Web3ビジネス推進するグループ「web3 club」を発足

株式会社電通国際情報サービスと、株式会社電通、株式会社セプテーニ・インキュベート、電通ジャパンネットワーク傘下でR&Dを推進する組織「電通イノベーションイニシアティブ」が共同で、Web3領域における顧客企業のビジネスを統合的に支援するグループ横断組織「web3 club(ウェブスリークラブ)」を発足しました。

顧客企業が持つアニメやスポーツなどのIP活用や、新規IP開発などのNFT施策やWeb3関連ソリューションの開発・提供を行うとのことです。

「web3 club」にはビジネスデザイナー、クリエイター、コンテンツディレクター、データサイエンティスト、エンジニア、法務や税務などのプロフェッショナルが参画。

また、日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Networkを開発するStake Technologies Pte. Ltd.のCEO渡辺 創太氏らをアドバイザーに迎えるほか、Astar Japan LabといったWeb3の研究を行う外部団体にも参画するなど産官学連携を通した研究活動を推進するとのことです。

企業:株式会社電通国際情報サービス
リリース日:2022年9月8日

▼詳しくはこちらから

成長するNFT「marimo」10,000点がパブリックセールから7分で完売

成長するNFT「marimo」10,000点がパブリックセールから7分で完売
引用:成長するNFT「marimo」10,000点がパブリックセールから7分で完売 売上の一部は地球環境保護団体へ寄付を予定

アル株式会社が、新規NFTプロジェクトである「marimo」を正式リリースし、パブリックセール開始から7分で10,000点を完売しました。

「marimo」は、時間の経過とともに成長していくNFT「marimo NFT」を、保持しているユーザーが観察できるサービス。

marimoは、生物である「まりも」を元にして作られており、サービスサイトのリリース時より、NFTの一次販売における収益の10%を地球環境保護団体へ寄付することを表明していました。marimo NFTが完売した9月8日(木)の終値のレートに基づき、売り上げの10%である233万7,430円を、地球環境保護団体へ寄付することを予定しているとのことです。

企業:アル株式会社
リリース日:2022年9月9日

▼詳しくはこちらから

Nike Gym Partnerとして話題の「ENERGY FIT®」が NFTに進出

Nike Gym Partnerとして話題の「ENERGY FIT®」が NFTに進出
引用:Nike Gym Partnerとして話題の「ENERGY FIT®」が NFTに進出

LEEMAX Ventures株式会社が、ENERGY FIT®とBAYPLAYが業務提携を開始することを発表しました。NFTマーケットへの新規顧客流入とフィットネス事業を展開するENERGY FIT®での新しいシナジーを生み出すことが目的となっています。

BAYPLAY NFT PROJECTはホルダーエクスペリエンス型NFTプロジェクト。

BAYPLAYコミュニティーでは「Let’s play together!」「たまには息抜きしよう!」をテーマに、BAYPLAY NFTを所有するホルダー同士がツイッター、ディスコード、メタバース上で楽しむとのことです。コミュニティー内にある種々の趣味カテゴリで人々が出会い、交流することが可能になるそうです。

企業:LEEMAX Ventures株式会社
リリース日:2022年9月9日

▼詳しくはこちらから

最後に

今回は、1週間のニュースを厳選して紹介してきました。

他にもどういった企業がNFTを活用しているのか気になる方は是非こちらをご覧ください。

参照元:NFT Media

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。