DMMメタバースプロジェクト「Mid Mega City」始動|Unreal Engine 5で開発


DMM.comは2022年9月9日に、新たなメタバースプロジェクト『Mid Mega City(ミッド・メガ・シティ/MMC)』を立ち上げたことを発表しました。このメタバースは人気ゲームなどで幅広く利用されているリアルな3D制作ツール「Unreal Engine 5」を用いて開発が進められていると報告されています。

こちらから読む:The Sandbox、自動車大手ルノーと提携「メタバース」関連ニュース

Mid Mega City(ミッド・メガ・シティ/MMC)を発表

DMM.comは2022年9月9日に、新たなメタバースプロジェクト『Mid Mega City(ミッド・メガ・シティ/MMC)』を立ち上げたことを発表しました。このメタバースは人気ゲームなどで幅広く利用されているリアルな3D制作ツール「Unreal Engine 5」を用いて開発が進められていると報告されています。

Mid Mega City(ミッド・メガ・シティ/MMC)は、DMMグループが企画・開発・運営を予定するオリジナルメタバースとなっており『動画配信やゲーム、FXなど様々な事業体をもつDMMだからこそ可能な、世界中の皆様に愛され、親しまれる、無限の可能性を形にできるメタバースを目指す』と説明されています。

このプロジェクトでは「スクウェア・エニックス」や「JP GAMES」などでプロデューサーや事業統括を務め、家庭用ゲーム機・PC・モバイルなど幅広いゲームプラットフォームで活躍してきた本橋 大佐氏が開発スタジオヘッド兼プロデューサーを務めるとのことで、今回の発表ではメタバースのCMを公開したことも報告されています。

DMM.comメタバース「MMC」の開発スタジオヘッド兼プロデューサーである本橋 大佐氏と、Unreal Engine5の「Epic Games Japan」で代表を務める河崎 高之氏は、今回のメタバースプロジェクトについて次のようにコメントしています。

【DMM.com:本橋 大佐氏】
そうそう、こういうのを待っていました!」という、人の持つ本能や嗜好に、素直に応えられるメタバースをつくりたいと思っております。表現力やインタラクションといった、ゲームが持つ豊かな体験を提供可能にするノウハウや技術を活かし、DMMグループが展開する色々な事業に掛け算することで、ありそうでなかった、世界で唯一無二のサービスに昇華させることができると考えております。

このプロジェクトはまだ始まったばかりです。開発も、事業も、運営も、まだ見ぬパートナーの皆様と、“本気でワクワクするメタバースの未来づくり”を合い言葉に、楽しみながらお話しできれば嬉しいです。

【Epic Games Japan:河﨑 高之氏】
ゲーム制作を知り尽くした「本橋タイサ」と、圧倒的なコンテンツの多彩さを誇るDMM がタッグを組みました。楽しみしかありません。本橋さんはUE5の表現力や生産性をフルに使い切りたいとおっしゃっているので、「これ絶対凄いヤツ」になります。MMCで多くの皆さんとご一緒できる日を楽しみにしています!

Mid Mega City(ミッド・メガ・シティ/MMC)は「メタバース内で創出される経済圏」や「DMMが展開する幅広い事業」と連携するだけでなく「外部コンテンツホルダー・テクノロジーカンパニーとの事業連携」も視野に入れているとのことで、開発者や企業からの連絡を募集していることも報告されています。

>>「DMM.com」の公式発表はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。