米コインベースで「Convex Finance(CVX)」と「Ocean Protocol (OCEAN)」上場へ

米コインベースでCVXとOCEAN上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産コンベックスファイナンス:Convex Finance(CVX)とオーシャンプロトコル:Ocean Protocol(OCEAN)が上場することが9月8日に発表された。

両銘柄は流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、9月9日午前2時(日本時間)以降に取引開始される予定だ。

取引ペアについては、両銘柄それぞれUSDをサポートすることになっており、段階的に開始されるという。なお両銘柄ともに対応するのは、イーサリアムのトークン規格ERC-20で発行されたトークンとなる。

コンベックスファイナンス:Convex Finance(CVX)とは

コンベックスファイナンスは、イーサリアムネットワークのDEX(分散型取引所)であるカーブファイナンス(Curve Finance)の流動性プロパイダーが取引手数料の一部を得るためのプロトコル。CVXはコンベックスファイナンス上のステーキングや成功報酬の請求、ガバナンス投票のためのネイティブトークンとなっている。

なおCVXは、バイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、フォビグローバル(Huobi Global)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)でも取り扱われている。時価総額は約517億円となっている(9/8 コインマーケットキャップ調べ)。

オーシャンプロトコル:Ocean Protocol(OCEAN)とは

オーシャンプロトコルは、ブロックチェーンを用いて安全かつ透明性を保ちながらもデータの売買ができるデータマーケットプレイス。ユーザーはデータをトークン化して売買することで収益を得ることができる。OCEANはデータの売買の際に使用することができるほか、ステーキングすることで手数料の一部を収益として得ることができる。また、ガバナンストークンとしても利用できる。

なおOCEANは、バイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、フォビグローバル(Huobi Global)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)でも取り扱われている。時価総額は約159億円となっている(9/8 コインマーケットキャップ調べ)

関連ニュース

米コインベースでNear Protocol(NEAR)上場へ、ネイティブトークンで

米コインベース、MXC(MXC)とAurora(AURORA)上場へ

米コインベース、DeFiレンディング「Ooki Protocol(OOKI)」上場へ

米コインベース、「イーサリアム先物商品」提供へ

米コインベース、ETHのリキッドステーキングトークン「cbETH」を発行

参考:FTXJP
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。