デジタルガレージが「onlab web3」募集開始、伊藤穰一・Yat Siu・スプツニ子!・ジェームズ比嘉がメンタリング

デジタルガレージ、「onlab web3」募集開始

デジタルガレージが、web3に特化したグローバルインキュベーションプログラム「onlab web3」を開始を9月8日発表した。メンタリングやコミュニティを通じて、国内外のスタートアップ・プロジェクトの挑戦を支援していく。

同社は日本のスタートアップ向けアクセラレーター「Born in Japan〜事業を磨き世界へ〜」と、海外スタートアップのJapan Entry「Unlock Japan〜海外から日本へ〜」の両輪をコンセプトに、未来の社会をともに創るプログラムを実施するとのこと。

本プログラムにはメンターとして伊藤穰一氏(株式会社デジタルガレージ 取締役 兼 専務執行役員Chief Architect)、Yat Siu氏(Animoca Brands 代表取締役社長 兼 共同創業者 / Outblaze CEO 兼 共同創業者)、スプツニ子!氏(アーティスト/東京藝術大学デザイン科准教授)、ジェームズ比嘉氏(Offline Ventures創業者 兼 マネージングパートナー)が、またアドバイザーとしてGen Kanai氏(Animoca Brands ストラテジック・パートナーシップ・ディレクター)、藤岡桃子氏(Parasol ビジネスデベロップメントマネージャー)が参画する。

具体的な支援内容としては、「メンター・アドバイザー・パートナーからのメンタリング機会の提供」、「デジタルガレージのグローバルweb3コミュニティへの参加機会の提供」、「サンフランシスコDG717、東京・代官山コワーキングスペースの利用権の提供」、「海外進出を目指す国内のスタートアップ・プロジェクトへのメディア・マーケティングやグローバルサポート展開支援」、「投資額・調達形式等のアドバイスおよびファイナンス支援(ただし出資を約束するものではない)」などが挙げられている。

なおweb3のグローバルインキュベーターとも提携し、「onlab web3」を「日本発世界のweb3グローバルエコシステム」となるよう目指していくとしている。

本日より「onlab web3」に参画するスタートアップ・プロジェクトの募集を開始するとのことだ。選考通過者には、11月に開催予定のweb3関係者やメディアを招いたイベントでの登壇機会の提供に加え、デジタルガレージのグローバルネットワークを駆使したプロジェクトに必要なさまざまなアセットを準備していくという。

メンターを務める伊藤穰一氏は「非中央集権型の世界で自由にコミュニティを構築し、誰もが “join” できる『web3』がもたらす社会変革は、これからの民主主義や資本主義のインフラとなる可能性を秘めています。社会的な意味のある未来を創っていくためには、今、さまざまな人たちが参画することが重要です。ぜひ『onlab web3』とともに『日本発世界のweb3グローバルエコシステム』を創っていきましょう。私たちは、国内外のスタートアップの方々からの社会的な意味のあるweb3の挑戦を期待しています」と発表でコメントしている。

「onlab web3」の応募受付期間は年9月8日(木)〜10月3日(月)正午となっている。応募に関する詳細は公式サイトより受け付けている。

参考:公式サイト

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。