韓国LG、NFT対応テレビ向けマーケットプレイス「LG Art Lab」ローンチ

LGがNFT対応TVプラットフォームをローンチ

韓国総合電機メーカー「LG Electronics(LGエレクトロニクス)」が、テレビでNFTの閲覧や取引ができるNFTプラットフォーム「LG Art Lab」をローンチしたことを9月5日に発表した。

「LG Art Lab」は、LG提供のwebOS5.0以降を搭載したTVで利用できるNFTプラットフォームとのこと。「LG Art Lab」では、取引履歴の確認や所有するNFTを鑑賞できる「マイコレクション」、アーティストの紹介や近日公開の新作をプレビューする「LG Art Lab Drops」といった機能を搭載しているとのことだ。

ユーザーは、LG提供のスマートフォン用暗号資産(仮想通貨)ウォレット「Wallypto」を介して、TV画面のQRコードからNFTを取引できるという。また現在は米国でのみ「LG Art Lab」を利用できるとのこと。

「LG Art Lab」のブロックチェーン基盤には、へデラハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)の分散型パブリックネットワーク「ヘデラネットワーク」を採用しているとのことだ。なおLGは「ヘデラネットワーク」の分散型ガバナンスを監督するヘデラ運営審議会メンバーに参画している。

今年3月に韓国サムスン(Samsung)では、NFTプラットフォーム付きのスマートテレビ開発にあたり、ニフティーゲートウェイ(Nifty Gateway)と提携している。また2022年版最新モデルのスマートテレビに、NFTプラットフォームを統合することを1月に発表していた。

関連ニュース

NFT対応テレビ開発、サムスンとニフティーゲートウェイ提携

サムスン、最新型TVにNFTプラットフォーム統合へ

UBISOFT、ヘデラ財団と提携。ゲーム開発支援で

Chainlink、ヘデラ運営審議会に参加

アニモカ・ブランズとヘデラ・ハッシュグラフが提携、NFTサッカーゲーム開発へ

参考:LG
デザイン:一本寿和

images:iStocks/kostsov・noLimit46

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。