Braveブラウザ:翻訳機能を搭載した「バージョン1.43」リリース


暗号資産BATなどを活用したプライバシー重視の次世代ブラウザ「Brave(ブレイブ)」は2022年9月2日に、翻訳機能を搭載した最新のデスクトップ版ブラウザ「バージョン1.43」をリリースしたことを発表しました。

こちらから読む:FIFA、W杯関連のNFT提供へ「暗号資産」関連ニュース

Braveブラウザ最新版に「翻訳機能」追加

Brave(ブレイブ)は2022年9月2日に、翻訳機能を搭載した最新のデスクトップ版ブラウザ「バージョン1.43」をリリースしたことを発表しました。


翻訳機能はBraveブラウザの最新版「バージョン1.43」以降で利用することができるようになっており、Braveブラウザの設定画面に移動すれば、優先言語を自分で変更することも可能となっています。

なお「Google翻訳の拡張機能を既に導入している場合は翻訳ボタンが表示されない」ということも報告されており、『その場合はGoogle翻訳の拡張機能を無効にすると表示される』と報告されています。

Braveはここ最近で関連機能の拡充を続けており、最近では「Brave Walletデスクトップ版がSolana DAppに対応したこと」なども報告されています。Braveブラウザの最新版は「Braveの公式サイト」からダウンロードすることが可能で、既にBraveブラウザを利用している場合はBraveのメニューから「Braveについて」のページにアクセスすることによって最新版にアップデートすることが可能となっています。

BATの売買が可能な暗号資産取引所ビットフライヤーの新規登録はこちら

bitFlyerの画像暗号資産取引所ビットフライヤーの登録はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。