ロビンフッドにカルダノ(ADA)上場

ロビンフッドにADA上場

米国で人気の投資アプリ「ロビンフッド(Robinhood)」が、新たに暗号資産カルダノ(ADA:エイダコイン)の取り扱いを9月1日開始した。

既にADAは、「ロビンフッド」アプリで売買可能となっている。

ADA上場で「ロビンフッド」では合計16銘柄の暗号資産を取り扱うことになった。

現在はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ドージコイン(DOGE)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインSV(BSV)、イーサリアムクラシック(ETC)、コンパウンド(COMP) 、ポリゴン(MATIC)、ソラナ(SOL)、シバイヌ(SHIB)、チェーンリンク(LINK)、ユニスワップ(UNI)、アバランチ(AVAX)、ステラルーメン(XLM)、そしてカルダノ(ADA)がロビンフッドに上場している。

なお「ロビンフッド」提供のロビンフッド・マーケッツ(Robinhood Markets)は今年5月、独自のノンカストディアル型の暗号資産ウォレットを開発中であることを発表している。ノンカストディアルとはユーザーが秘密鍵を管理する形式だ。

今夏にはベータ版が公開される予定で、現在はベータ版利用の為のウェイティングリストが公開されている。なお今年の年末までにはすべてのロビンフッドユーザーに一般公開される方針となっている。

関連ニュース

ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場

ロビンフッド、暗号資産ウォレットアプリ開発へ

FTX CEOサムの株取得で、米ロビンフッド株価上昇

ビットポイントジャパン、「カルダノ(ADA)」ステーキングサービス開始へ

SBI VCトレードで、カルダノ(ADA)、ドージコイン(DOGE)、ステラルーメン(XLM)、テゾス(XTZ)、ソラナ(SOL)上場へ

参考:SBI
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。