国内初、クラーケンジャパンが元素騎士メタバース(MV)取り扱い開始

クラーケンジャパンが元素騎士メタバース(MV)取り扱い開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケンジャパンが、暗号資産「元素騎士メタバース:GensoKishi Metaverse(MV)」の取り扱いを6月29日開始したことが分かった。MVの取り扱いは国内において初となる。

発表によるとMVの取り扱いは、販売所および取引所の両サービスが対象だ。販売所では、日本円(JPY)をはじめ、米ドル(USD)およびユーロ(EUR)といった法定通貨の他、クラーケンジャパンが取扱う暗号資産での取引にも対応しているとのこと。

また取引所においては、MV/USD、MV/EURのみの取扱いとのことで、日本円やその他暗号資産とのペアについては対象外となるようだ。なおクラーケングローバルにおいてもMV/USD、MV/EURのみの取引となっている。

今回のMV上場によりクラーケンジャパンでは合計13銘柄を取り扱うことになった。取り扱い銘柄はビットコイン(XBT:BTC)、 イーサリアム(ETH)、 リップル(XRP)、 ビットコイン・キャッシュ(BCH)、 ライトコイン(LTC)、チェーンリンク(LINK)、ベーシック・アテンション・トークン(BAT)、OMGネットワーク(OMG)、ポルカドット(DOT)、エンジンコイン(ENJ)、ステラルーメン(XLM)、イーサリアムクラシック(ETC)、元素騎士メタバース(MV)となっている。なお法定通貨については日本円(JPY)、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)が取り扱われている。

MVは、ブロックチェーン活用の3Dメタバース空間「元素騎士メタバース」で利用できるトークンだ。メタバース内の限定イベントへのアクセス、アイテムやNFTを割引価格で購入できる機能やパラメータ付与に使用できるという。またメタバース内の方針を決められる投票権(ガバナンストークン)としても機能するとのこと。記事執筆時点での時価総額は約59.5億円となっている(6/29コインマーケットキャップ調べ)。

なおMVは海外においてクラーケングローバルで取引が行われている他、クーコイン(KuCoin)、バイビット(Bybit)、ゲート(Gate.io)、エムイーエックスシー(MEXC)といった暗号資産取引所の他、DEX(分散型取引所)のユニスワップV2(Uniswap V2)やクイックスワップ(QuickSwap)でも取り扱われている暗号資産である。

関連ニュース

取材】クラーケンジャパン、エンジンコイン(ENJ)取扱い開始

クラーケン、ビットコインのライトニングネットワークをサポート

【取材】クラーケンジャパン、ポルカドット(DOT)取扱いとステーキング提供開始

暗号資産取引所クラーケン、ウクライナユーザーへ1000万ドル相当のビットコイン寄付へ

クラーケン、UAEアブダビで取引所運営ライセンス取得


参考:クラーケンジャパン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。