BTCBOX:かんたん売買サービスで「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始


暗号資産取引所「BTCBOX」は2022年6月16日に、同社が提供している「かんたん売買」のサービスでポルカドット(Polkadot/DOT)の取扱いを開始したことを発表しました。新たにDOTが上場したことによって、BTCBOXで取引可能な暗号資産は合計6銘柄となりました。

こちらから読む:ビットバンク、MATIC上場日時を発表「国内ニュース」

取扱う暗号資産は「合計6銘柄」に

BTCBOXは2022年6月16日に、同社が提供している「かんたん売買」のサービスでポルカドット(Polkadot/DOT)の取扱いを開始したことを発表しました。

ポルカドット(Polkadot/DOT)は、異なるブロックチェーンが相互運用できる分散型Web世界の実現を目指したブロックチェーンであり、プライベートチェーン・コンソーシアムチェーン・パブリックネットワーク・パーミッションレスネットワーク・オラクルなどといった将来来たるべき技術を繋げて相互運用性を高めるために構築されています。

DOTの取扱いが開始される「かんたん売買サービス」は、BTCBOXを相手方として暗号資産を簡単かつスムーズに売買することができるサービスであり、取引画面が非常にシンプルな設計となっているため「売買したい日本円の金額」または「売買したい暗号資産の数量」を入力して「売る」「買う」のボタンをクリックするだけで簡単に暗号資産を取引することができるようになっています。

「かんたん売買サービスにおけるDOTの取引条件」や「DOTの入出庫手数料」などについては以下のように報告されています。

【DOT取引条件】
売買手数料:無料
最低売買数量:0.05 DOT
1回の売買数量上限:100 DOT
1日の売買数量上限:上限なし

【DOTの入出庫について】
入庫手数料:無料
入庫承認数:30承認
出庫手数料:0.1 DOT
最低出庫数量:1 DOT

なお、新たにDOTが上場したことによって、BTCBOXで取引可能な暗号資産は以下の合計6銘柄となりました。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
ポルカドット(Polkadot/DOT)NEW!

>>「BTCBOX」の公式発表はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。