Spotify「アーティストのプロフィール欄でNFTを宣伝できる機能」をテスト


音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」が『アーティストのプロフィールぺージでNFTを宣伝できる機能』をテストしていることが「Music Ally」の報道で明らかになりました。この機能のテストには「Steve Aoki」と「The Wombats」が参加していると報告されています。

こちらから読む:Cardano NFTマーケット”Fibo”ベータ版公開「暗号資産」関連ニュース

「Steve Aoki・The Wombats」が参加

音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」が『アーティストのプロフィールぺージでNFTを宣伝できる機能』をテストしていることが「Music Ally」の報道で明らかになりました。

この機能は米国でSpotifyのAndroid向けアプリを利用している一部のユーザーを対象にテストされているとのことで、テストにはDJ兼プロデューサーの「Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)」と、イギリスのロックバンド「The Wombats(ザ・ウォンバッツ)」が参加しているとされています。

SpotifyのユーザーはアーティストのプロフィールぺージでNFTのプレビューを見ることができるようになっており、NFTをタップすると外部のNFTマーケットプレイスに移動してそれらのNFTの詳細を確認したり、購入したりすることができると報告されています。

今回のテストは「アーティストとファンの体験を向上させること」を目的と実施されているものであるため、SpotifyがNFTの販売手数料を徴収することはないとのことで『NFTを販売しているアーティストがNFTをサービスで宣伝できるようにする方法をテストしているだけ』とされています。なお、SpotifyのNFT表示機能は「動画・GIF・音楽NFT」には対応しておらず「音のない静止画像のみ」が表示されるとのことです。

「Music Ally」の報道によると、Spotifyの広報担当者は今回のNFT関連機能のテストについて次のように語ったと報じられています。

Spotifyは「アーティストのプロフィールを通じて既存のサードパーティ製NFTを宣伝することができる機能」のテストを実施しています。私たちはアーティストとファンの体験を向上させるために、定期的にいくつかのテストを実施しています。これらのテストの中には「より幅広い体験への道を開くもの」もあれば「重要な学習としてのみ役立つもの」もあります。

>>「Music Ally」の報道はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。