Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も


暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」は2022年1月12日に、日本居住者向けサービスで「オーエムジー(OMG Network/OMG)、ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)、チェーンリンク(Chainlink/LINK)」の3銘柄をサポートしたことを発表しました。

こちらから読む:Huobi Japan、シンボル(XYM)取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

Kraken、取引可能な暗号資産は「合計8銘柄」に

Kraken(クラーケン)は2022年1月12日に、日本居住者向けサービスで「オーエムジー(OMG Network/OMG)、ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)、チェーンリンク(Chainlink/LINK)」の3銘柄をサポートしたことを発表しました。

これら3つの暗号資産は、Krakenが提供している「取引所・販売所」両方のサービスで取扱い開始されており、「日本円・米ドル・ユーロ建取引」が可能だと説明されています。

新たに3銘柄が上場したことによって、Krakenで取引可能な暗号資産は以下の合計8銘柄となりました。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
リップル(Ripple/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
オーエムジー(OMG Network/OMG)
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)
チェーンリンク(Chainlink/LINK)

>>「Kraken」の公式発表はこちら
>>「Kraken」の公式サイトはこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。