Olympus DAO、immunefiのバグバウンティプログラム採用

Olympus DAO、immunefiのバグバウンティプログラム採用

Immunefiが、DeFiプロトコルOlympus DAOにバグバウンティプログラム(脆弱性報奨金制度)を提供することが1月6日に分かった。

ImmunefiはスマートコントラクトやDeFiプロジェクト専門のバグバウンティプラットフォームであり、ユーザーは発見したバグの重要度によって得られる報酬が異なる。なおOlympus DAOは最大330万ドルの報酬を支払う予定とのことだ。

Olympus DAOは財務(トレジャリー)が担保資産を管理し、アルゴリズムによってステーブルコイン「OHM」を発行・運用するDAO(自律分散型組織)だ。はじめにOlympus DAOは担保資産としてDAIを採用し、その後ETHやFRAXなども採用した。

またOlympus DAOで発生した収益の一部はDAOで配分され、実物資産として管理されているとのことだ。

そして現在Olympus DAOは最大4520%の年利回りのステーキング報酬構造や独自の需要・供給メカニズムなどで注目を集めている。

なおImmunefiは現在、Polygon、The Graph、Sushiswap、Arbitrumなどにもバグバウンティプログラムを提供している。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/m_pavlov・dalebor

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。