中国デジタル人民元、テンセント「WeChat Pay」に対応か=報道

中国デジタル人民元がWeChat Payに対応か

テンセント(Tencent)が提供するモバイルウォレット「WeChat Pay」が、現在中国が開発を進めている中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタル人民元(e-CNY)」に対応すると、地元メディアのチャイナデイリーが1月6日報じた。

報道によると「デジタル人民元」を利用するには、中国人民銀行(PBoC)が開発したウォレットアプリにて本人認証を行い、「WeChat」と連携することで、「デジタル人民元」での支払いが選択できるようになるようだ。

なお中国人民銀行は先日4日、中国国内のiOSおよびAndroidアプリストアに「デジタル人民元」のウォレットアプリの試験版をリリースしたばかり。このアプリは深センや上海、大連など10地域のみで提供開始している。

「デジタル人民元」は来月より開催される北京冬季オリンピックでの利用が目指されており、1月27日にオープンするオリンピック村や競技エリアも対象になるとされている。

関連ニュース

Huaweiから独立のHonor、デジタル人民元ウォレット搭載のスマホ発表

北京地下鉄、中国デジタル人民元を決済手段として本格稼働

米共和党議員ら、北京五輪での米国選手のデジタル人民元使用禁止を要請

デジタル人民元、アリペイおよび中国人民銀行のモバイルウォレットで利用可能に

参考:チャイナデイリー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Molnia・Ninja-Studio

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。