Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

先物取引所で有名な「Bitget(ビットゲット)」が2021年のビジネスの展望と2022年に期待できる暗号資産動向について共有をします。

2021年12月27日となり、今年も残りわずかとなりました。2021年は暗号資産業界にとって極めて重要な年であったと振り返ることができます。Bitcoinが何度も史上最高値を更新し、NFTブームが起こり、DeFiが中央政府や伝統的な金融機関に広く採用されるなど、重要なイベントが盛りだくさんでした。暗号資産取引所は、2021年の市場の空前の成長に重要な役割を果たし、Bitgeも暗号資産業界を担う1プレイヤーとしてエコシステムに足跡を残しました。

暗号資産事業は世界的に人気となり、Bitgetは先物取引分野の取引に大きく貢献し、暗号資産の先物取引で世界のトップ5にランクインしました。1日の平均先物取引量は前年の10倍、年間総売上高は3億米ドルを超え、世界の暗号資産市場におけるユニコーンとしての地位を確立しています。また、2021年3月にはアジアで最も著名な分散型ウォレットであるBitkeepを買収し、世界で唯一のCefi+Defi を提供する取引プラットフォームとなりました。ユーザーにとって資産保護を提供するとともに、プラットフォームの新たな利用方法を模索することに成功しました。

今月初めにはBitgetは投資会社であるForesight Venturesを設立しましたForesight Venturesは、AvalancheやArweaveなどの評判の高いブロックチェーンと公式に提携しているほか、Republic Realmなど多くの世界的な投資機関と幅広く協力しています。Foresight Venturesのポートフォリオには、Matrixport、RSS3、REALY、COLONY、EVERPAY、DEFINAなど、いくつかの有望なプロジェクトが含まれています。

Bitgetは、規制に準拠した暗号資産取引所としての地位を維持しており、グローバルな活動を拡大するために、ユベントスFCの最初のスリーブパートナーになり、eSportsリーディーグカンパニーであるPGLストックホルム2021などスポーツ界のビッグネームと戦略的なパートナーシップを結んでいます。今後Bitgetがより多くの企業とスポンサー契約を締結することも想定されます。

Bitgetの最終的な目標は、他に類を見ない、世界的にアクセス可能な取引体験を提供することです。Bitgetは2022年にヨーロッパ、アフリカ、ラテンアメリカの市場で、ユーザーを中心としたアプローチで拡大を続け、イノベーションの力を活用して価値ある製品を発売し、見込みのあるプロジェクトを上場する見込みです。2021年に暗号資産業界に大きなコミットメントとリーダーシップを発揮したビットゲットの急成長は、間違いなく業界で注目されるものです。2022年を数日後に控えたBitgetの今後の活躍に期待します。


免責事項:この記事は「Bitget」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に投資・商品の購入を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資・購入に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。