Ilgamosのオーナーとその娘に対して逮捕状|メキシコ検察

2020年9月に「SYDYG」のCEOであるRamiro Faro Velezが行った告発をもとに調査が行われました。この調査の結果『Géza KapitányとRéka Kapitányは逮捕され、メキシコで裁判にかけられるべき』という結論に達しました。

上記の人物は、ハンガリーの法律事務所を通じて、SYDYGが所有するブロックチェーンサーバーやそのソーシャルメディアサイトを中止させようとしましたがこの試みは失敗に終わりました。「Ilgamos」のCEOであるGéza Kapitányはこれに加えて、自身のFacebookの投稿で『ILCOINの全てを所有している』と主張し、その根拠は欧州連合知的財産庁(EUIPO)の商標にあると説明しました。

しかしメキシコ警察当局は捜査の過程で『資産はSYDYGのものである』との見解を示しているため、この主張は違法であり、詐欺であるとみなされました。

メキシコ・チアパス州チアパ・デ・コルソの捜査班の一部である地方検事局は、以下の内容の逮捕状を発布しました。

メキシコ憲法第16条、訴訟法第141条第3項、第142条および第143条に基づき、第228条で規定され処罰される「詐欺」という行為の容疑者として、Geza KapitanyとReka Kapitanyの捜索と逮捕を命ずる。これはチアパス州ヴェヌスティアーノ・カランサで発生した出来事に関して、チアパス州で有効な刑法から、番号10(積極的犯罪)、番号14、第1部および第2部(即時犯罪)、番号15、第1部および第2部、番号19、第3部(重要共著者)に関連するものです。

「Ilgamos」はその背景が不明なまま何年もの間「ILCOIN」を販売していました。この商標は2017年3月にRéka Kapitányの会社で登録されましたが、商標権は特に分散型技術の場合は所有権とは関係ありません。この最も良い例は「ビットコイン」と「ビットコインに関する数百の登録を生成した全ての試み」です。

「RepiGo GmbH」がILCOINの流通に関与したことは一度もありません。もう一つの有名なドイツ企業である「R&G GmbH」は、同じくKapitányファミリーが所有しており、過去にはILCOINを作成した「Umbrella IT Service Corporation」と契約上の取り決めを行ったことがあります。しかし、Umbrellaは2017年8月に「ILCOINのソースコード、全ての開発品、ウェブサイト」などILCOINに関連する全てを「SYDYG」に売却しており、SYDYGはGéza KapitányとRéka Kapitányの会社とは一切の関係を絶っています。

ILCOINは「SYDYG」の指導のもとで、その発展における優れた独自の業績を達成しました。2019年には51%攻撃の問題をイノベーションで解決し、半年余りで「RIFTプロトコル」を市場に投入、ボトルネック問題とFIFO問題を解決し、ライブネット上に5GBという世界最大のオンチェーンブロックを実現しました。

Kapitányファミリーの目的は明確であるため、彼らは法廷の前でその行動責任を問われることになります。SYDYGに与えた数百万ユーロの損害に加えて、彼らはILCOINの未来だけでなく、このプロジェクトからまだ配当を受けていない何千人もの投資家の資産も危険にさらしたのです。


免責事項:この記事は有料で寄稿された記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に投資・商品の購入を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資・購入に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。