ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」わずか3日で申込件数10,000件を突破


暗号資産取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」は2021年12月6日に、同社が新たに提供を開始したビットコイン(BTC)が貯まる国内初のクレジットカード「bitFlyer クレカ」が提供開始からわずか3日で”申し込み件数1万件”を突破したことを発表しました。今回の発表では、同社が開催していたBTCプレゼントキャンペーンの対象枠を増枠したことも報告されています。

こちらから読む:Cardano、ステークアドレス数100万を突破「暗号資産」関連ニュース

bitFlyer クレカ申込件数「3日で1万件を突破」

bitFlyer(ビットフライヤー)は2021年12月6日に、同社が新たに提供を開始したビットコイン(BTC)が貯まる国内初のクレジットカード「bitFlyer クレカ」が提供開始からわずか3日で”申し込み件数1万件”を突破したことを発表しました。

「bitFlyer クレカ」は、株式会社アプラスが発行するMastarcardブランドのクレジットカードであり、支払い毎に0.5%のBTCが貯まる「スタンダードカード」と支払い毎に1.0%のBTCが貯まる「プラチナカード」を用意、普段の買い物や公共料金の支払いなどでカード決済を行うことによってビットコインを少しずつ貯めることができるように設計されています。

ビットフライヤーの公式発表によると、カード発行申込受付を開始した2021年12月日18時30分から1時間以内には申込件数が1,000件に達したとのことで、その後はほぼ3日で申込件数が1万件を突破したと報告されています。

「クレカ入会キャンペーン」の対象枠も増枠

ビットフライヤーは「bitFlyer クレカ」のリリースを記念して、カードの申込を完了した先着6,000名様に500円相当のBTCをプレゼントする『bitFlyer クレカ入会キャンペーン』を開催していましたが、今回の発表ではこのキャンペーンの対象枠を増枠して、新たに4,000人の方にキャンペーンを適用したことも報告されています。

この増枠によって「bitFlyer クレカ」の申込を行なった合計10,000人の方に500円相当のBTCがプレゼントされることとなりました。

なお、ビットフライヤーが同時に開催していた『還元率アップキャンペーン』は元から人数制限が設定されていないため、2021年12月1日~2022年3月31日午後11時59分までのキャンペーン期間中に「bitFlyer クレカ」の申込を完了してショッピング利用すると、スタンダードカードの場合は2.0%相当、プラチナカードの場合は2.5%相当のBTC還元を受けることができると説明されています。

またビットフライヤーは、申込件数1万件突破を記念して『抽選で20名様に10,000円相当のBTCをプレゼントするキャンペーン』を開催することも発表しています。


>>「ビットフライヤー」の公式発表はこちら
>>「bitFlyer クレカ」の詳細はこちら
>>「キャンペーンの詳細・注意事項」はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。