手塚治虫「鉄腕アトム」デジタルアートNFT、12月1日発売へ

「鉄腕アトム」NFT、販売日決定

手塚治虫のSF漫画作品『鉄腕アトム』のデジタルアートNFTの販売が12月1日より開始することが分かった。

このNFT作品は、手塚プロダクションによる初の公式NFTプロジェクト「From the Fragments of Tezuka Osamu(手塚治虫のかけらたちより)」のシリーズ第1弾となるものだ。

なおこのNFTの販売には、国内NFTゲーム開発企業であるdouble jump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)のNFT事業支援サービス「NFTPLUS」が用いられている。

このプロジェクトでは、手塚治虫の代表作品を題材に「モザイクアートNFT」と「ジェネレーティブアートNFT」の2形態でデジタルアートNFT作品を展開するとのこと。第2弾以降は『ブラック・ジャック』『火の鳥』がモチーフとなる予定とのことだ。

今回第1弾の「モザイクアートNFT」の作品の背景には、手塚治虫作品のカラー原画840枚を配置されるとのこと。そのうち8枚は大きめのサイズで各作品固有のカラー扉絵を使用しているとのことだ。またモチーフキャラクター(鉄腕アトム)には、各作品の4000枚以上の白黒漫画原稿を4万点以上の断片にカットし、モザイク素材として配置されているという。背景およびキャラクターの原稿は制作当時の風合いや色合いを残しているとのことだ。

「ジェネレーティブアートNFT」は「モザイクアートNFT」で使用した画像素材をもとにランダムで生成された作品とのこと。作品によって利用される画像素材の数量が25、900、3200種類と異なっている。

こちらの「ジェネレーティブアートNFT」は対象タイトルごとに1050点制作されるという。そのうちの1000点が販売され、残り50点はマーケティング等の用途に使用されるとのことだ。なお販売期間中に購入されなかった作品があった場合は、その後再び販売されることはないとのこと。

「モザイクアートNFT」は販売数1点の作品となる。同作品はNFTマーケットプレイスであるオープンシー(OpenSea)にて12月3日12:00から72時間の期間、オークション販売される。

また「ジェネレーティブアートNFT」は前述の通り販売数1,000点で1点0.08ETHの定額販売が予定されている。12月1日12:00から8日12:00までの期間で公式サイトにて販売が行われる。

なお今回のNFT販売による純売り上げの20%は、ユニセフなどの組織に寄付することが決まっている。

double jump.tokyoは今年5月に書道家 武田双雲のNFTアートをプロデュースをしており、当時もオープンシーでイーサによるオークション販売を行なっていた。

またdouble jump.tokyoが関わるNFT販売として、先週19日にもスクウェア・エニックスのNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」の第二弾が11月25日20時より販売されることが分かっている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

手塚治虫「鉄腕アトム」デジタルモザイクアートNFT、今秋オークション販売

参考:手塚プロダクション

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。